独立行政法人種苗管理センター

ホーム > インターンシップ サイトマップ 


インターンシップのお知らせ
独立行政法人種苗管理センター(以下「センター」という。)では、以下のとおりインターンシップを実施いたします。 なお、今年度は夏期の節電対策等業務遂行上の制約要因がありますので必ずしもご希望に添えない場合があることをご承知置き願います。
1.対象者
 種苗管理センターの業務に興味がある者で大学(短期大学、高等専門学校及び専門学校を含む。)又は大学院(以下「大学等」という。)の学生のうち、学生が所属する大学等から推薦された学生。
2.受入期間・人数・内容・受入部署
(1)受入期間は、原則として毎年7月から10月までの間で、概ね2週間程度の期間受け入れます。
(2)実習時間は1日7時間45分以内です。
(3)受入人数は、実習内容と受入部署により異なります。
(4)実習内容は、センターが行っている栽培試験、種苗検査、種苗生産、品種保護対策等の業務です。
(5)受入部署は、つくば本所及び農場(全国に所在する10農場1分場)です。詳しくは組織紹介をご覧下さい。

詳細についてはご相談下さい。

3.募集方法等
(1)応募については、各大学等から学生を推薦していただきます。(学生個人からの応募は受け付けません。)
(2)応募は、受入期間中随時受け付けていますが、受入可能人数に達した場合は締切らさせていただきます。
(3)応募は、今年度は7月1日から受付を開始し、原則として受入を希望する20日前までに、独立行政法人種苗管理センターインターンシップ推薦申込書(様式1)(PDF:42KB, Word:29KB)を作成し、下記担当者まで提出して下さい。
(4) 受入の可否については各大学に通知します。実習生には大学等を通して、誓約書(様式3)(PDF:75KB, Word:30KB)を提出していただきます。
4.センターインターンシップ制度の概要
(1)センターは、実習生個人ごとに指導員を置き、実習生の指導及び助言に当たらせます。
(2)実習生は、指導員の助言のもとに受入部署における補助的な業務に従事していただきます。
(3)実習生は、実習期間終了後、実習内容に関する報告書(1,000字程度)を作成し、センターに提出していただきます。
5.所要経費
(1)センターは、実習中、実習生に対し、交通費、手当、食費、宿泊費及び旅費は支給しません。
(2)実習生は、「学生教育研究災害傷害保険」及び「インターンシップ等賠償責任保険」等の保険に加入して頂き、実習中における関係他者(人物、財物等)に対する損害、損傷等により被る法律上の損害賠償の補償に備えていただきます。
※その他、詳しくは、独立行政法人種苗管理センターインターンシップ実施規程(PDF:489KB)、実施要領(PDF:150KB)をご覧下さい。
応募・問い合わせ先:独立行政法人種苗管理センター管理部企画管理課(担当:森田、中村)
                             TEL:029-838-6587 FAX:029-838-6583 MAIL:toiawase@ncss.go.jp



    ページの先頭へ| トップページ| サイトマップ
種苗管理センターロゴ
〒305-0852 茨城県つくば市藤本2-2
独立行政法人種苗管理センター
Copyright 2006 National Center for Seeds and Seedlings, Incorporated Administrative Agency